#204 庄内通レジデンス

【愛知県名古屋市】

DATA

敷地面積
996.16㎡
延床面積
2256.07㎡
構造規模
RC造
9階建
設計期間
2017/09~2018/01
設計監理
八木俊典

 最寄駅より徒歩6分、高速道路入口及びバス停まで1分と好アクセス性に加え、徒歩10分圏内に生活利便施設が揃う充実した環境での分譲マンションです。

建物の配置計画では「三面接道」という条件を最大限利用する為、南北の駐車場・アプローチ空間のスリーゾーンに敷地を区分し、歩車分離による安全な計画としています。

また駐車場の分散配置により利用者のスムーズな出入庫が可能となり、周辺道路に与える交通量の影響を緩和させるよう配慮しました。

黒箱に白板が挿込まれたシンプルな外観構成は、細長いすっきりとした印象を与え、周辺環境への圧迫感を低減しながらも、街のランドマークとなるようなアイコン性の高いデザインとしています。

また「三面接道」という特殊な立地条件により、各面において高い意匠性が求められましたが、過度な装飾ではなく構成美で魅せるシンプルなデザインを徹底し、コストを抑えながらもデザイン性・施工性の両立を実現しました。

 エントランスポーチは人の流れを受止めるようにアルミ庇を設け、入口両脇壁に隅切りを入れることで内部へと人を引込むと同時に、歩道への視界を広げ安全性に配慮しています。

エントランス正面の装飾壁はブラックミラーが街の風景とルーバーを緩やかに反射する事で独特の奥行感を与え、拡がりを感じられるデザインとしました。エントランス内にはラウンジとその背景を彩るガーデンが人々を迎え、奥のエレベーターホールに誘い込むように装飾壁・天井間接照明を各ホールに向けて方向付け、視覚的に誘導しながらホテルロビーのような高級感を演出しています。

名古屋市内、人気エリアのニーズに特化した間取りやEV連動セキュリティシステム・個別宅配ボックス等の各アメニティを充実させながら、心地良く高級感のある建物を目指しました。

  • 日産サティオ奈良
  • 京都 N邸
  • スポル 品川大井町
  • モアグレース各務原市民公園
  • モトーレン静岡 富士店
  • 名古屋 Y邸
  • ボルボ・カ-堺
  • モアグレース 庄内通レジデンス