#310 中庭を囲む平屋の家

【愛知県一宮市 T邸】

DATA

敷地面積
708.57㎡
延床面積
167.10㎡
構造規模
木造
1階建
設計期間
2014/05~
2015/06
設計監理
山田直貢

 木曽川に程近い、古い街並みが残る住宅地に計画された2世帯のための平屋の住居です。

旗竿形状の広い敷地の特徴を生かし、道路の気配を感じない中庭型のプランをご提案しました。
外部アプローチで訪れる人を迎えるのは、造園された木々の緑とコンクリート打放しの自立壁。エントランスをくぐると天井の高い空間に再度コンクリートの壁が現れ、内外が連続したような感覚のもと、中庭の緑が視界に入ります。

腰高ほどの高低差を設けたダイニングキッチンは中庭の全景とリビング全体が見渡せ、家族が自然に集まる場所。
リビングは中庭のデッキとつながりながら高い天井を感じられる寛ぎの場所としてしつらえられました。

外壁のホワイトと共に白く纏められた室内では床の古材オーク、キッチンのブラッククオーツ、壁面のアクセントタイルが穏やかな質感を纏め上げています。中庭の木々が風に揺れ、ここだけの静かな時間が流れる住宅が完成しました。

  • 日産サティオ奈良
  • 京都 N邸
  • スポル 品川大井町
  • モアグレース各務原市民公園
  • モトーレン静岡 富士店
  • 名古屋 Y邸
  • ボルボ・カ-堺
  • モアグレース 庄内通レジデンス