#316 PANORAMA HOUSE renovation

【名古屋市昭和区 T邸】

DATA

敷地面積
1132.52m²
延床面積
391.63㎡
構造規模
RC造
2階建
設計期間
2018/06~
2019/11
設計監理
八木俊典

 名古屋市内の閑静な住宅地に建つ、広大な庭を望むRC造2階建住宅のリノベーション・プロジェクトです。家族構成の変化等により、現家屋をオーナー様ご家族が継承し「住み継ぐ家」として、現在のライフスタイルにリノベーションしました。基本計画では、旧家の設計図を基に既存構造躯体や設備配管ルート等を慎重に紐解きながら、広々とした1階のみで生活を完結させると共に、可能な限り導線をコンパクトに住まう空間構成とすることが求められました。

 東西に長い中廊下で多数の居室を繋いでいたプラン構成は一新。廊下・階段室・LDKを一体の空間とし、パノラマのように広がる広大な庭を各部屋から望めるよう伸びやかなLDKとしました。LDKはともすれば間延びする可能性のある大きな空間のため、表情のある天然石を内外の壁面に用いて変化を付けながら外部との連続性を持たせ、目線高さの造作家具により緩やかに区切る事で、拡がりを感じつつも囲まれた空間が点在する、変化に富んだ空間構成を目指しました。また、階段室は本来の垂直移動の機能から、新たにライトウェル(光井戸)として機能転換するため、シンプルなディテールの片持ち階段とし、北側の安定的で柔らかな光がLDKへ降り注ぐ象徴的な場所となりました。

 北側には水廻り・家事室等を集約し、各主要居室との回遊性を設ける事で家事動線を単純化。玄関から一番動線の長い最奥エリアには収納室をまとめることで、1階の中心部分のみで生活が完結するプラン構成に再編成しました。じっくりと設計及び工事期間を設けることで、オーナー様と共に新しき「住み継ぐ家」を完成させることができました。

  • 日産サティオ奈良
  • 京都 N邸
  • スポル 品川大井町
  • モアグレース各務原市民公園
  • モトーレン静岡 富士店
  • 名古屋 Y邸
  • ボルボ・カ-堺
  • モアグレース 庄内通レジデンス