賃貸マンション|Leaf.nakaochiai【東京都新宿区】|不動産開発事例|Agg.一級建築士事務所
Agg.一級建築士事務所

Agg.一級建築士事務所

Agg. Architects Office

Agg.一级建筑师事务所

TEL: 0120-86-5142

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

狭小敷地の上に、1戸当たりのボリュームを最小限として計11戸の住居を確保しています。

We have secured a total of 11 dwellings on a small site with a minimum volume per unit.

在一个狭小的用地上,将一户的面积最小化,一共确保了11个住户的设计方案。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

コンクリート打ち放しの外壁。側面をOSB型枠に切り替え、シンプルなボリュームに表情を与えました。

Exposed concrete outer wall. The sides have been switched to OSB formwork, and Simple gives the volume an expression.

外露混凝土外墙。 侧面采用定向刨花板,简约为体量提供了一种表情。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

狭小敷地の中で法的な制約をクリアしながら、ゆとりあるアプローチを生み出しています。

We are creating a relaxed approach while clearing legal restrictions in a small site.

在解决狭小用地所受到的法规限制问题的同时,创造了一个宽敞的入口空间。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

共用部は最小限に纏めつつ、階段室の採光とディテール調整により、窮屈さを和らげています。

The common areas are kept to a minimum, while the lighting and detail adjustment of the staircase eases the crampedness.

公用部分保持在最小限度,通过楼梯间的采光和细部的调整,可以减少狭窄的感觉。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

隣地擁壁を背負う制約を逆手にとらえ、トップライトを設置した印象的な居室を生み出しました。

Taking advantage of the restrictions of carrying the retaining wall on the adjacent land, we created an impressive living room with a top light.

利用相邻挡墙的相互制约,以及顶灯的设置,我们创造了一个令人印象深刻的客厅。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

内装は白を基調に「葉柄」のアクセントを用いて、コンパクトな空間に奥行と広がりを与えました。

The interior is based on white and uses "petiole" accents to give depth and spaciousness to the compact space.

内部以白色为基调,并突出”叶子图案”,为紧凑的空间赋予进深感和宽敞感。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

斜線制限による斜め壁の閉塞感を、特殊形状のアクセント造作により緩和させています。

The feeling of blockage of the diagonal wall due to the restriction of diagonal lines is alleviated by the specially shaped accent structure.

对角墙的阻塞感通过特殊形状的结构得到缓解。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

居室内にも一部にOSB型枠による仕上げを回し込み、外観との繋がりを持たせました。

A part of the living room is finished with OSB formwork to give it a connection with the exterior.

客厅的一部分采用定向刨花板作为饰面,使其与外部连接。

不動産開発 賃貸マンション Leaf.nakaochiai

溶融亜鉛めっきリン酸処理鋼板による特注サイン。OSB型枠との相性を考慮しています。

Custom-made sign with hot-dip galvanized phosphoric acid-treated steel sheet. Considering compatibility with OSB formwork.

带有镀锌磷酸处理钢板的定制标志, 考虑到与定向刨花板的兼容性。

0 / 0

Leaf.nakaochiai

【東京都新宿区】

近隣には大学や専門学校が多く点在し、利便性の高い新宿区中落合に計画した【RC造4階建:1Rマイクロアパートメント】です。主に単身の学生やビジネスマンの利用を想定し、狭小敷地の上に、1戸当たりのボリュームを最小限として計11戸の住居を確保しています。

設計指針として、仕上材のアクセントやディテールを突き詰めることで、要求されるボリュームと法的制約と敷地条件を完全に満たすと共に繊細にコーディネートし、建物自体を“自然で緩やか”に建たせることに主眼を置きました。
外壁はコンクリート打ち放し仕上げとした上で、側面をOSB型枠に切り替えて荒々しくも温かい木質感のある表情を与え、敷地最大限に現れる立面の窮屈さを和らげるように試みています。また内装においては白を基調にシンプルに纏めながら、一部壁や天井にコンクリート打ち放し仕上げと共にネーミングコンセプトにもつながる「葉柄」のアクセントを用いて、コンパクトな空間に奥行と広がりを齎すことを目指しました。



There are many universities and vocational schools in the neighborhood, and we have secured a total of 11 residences on a small site, assuming the use of single students and businessmen, with the minimum volume per unit.

As a design guideline, we focused on making the building itself "natural and gentle". The outer wall is made of exposed concrete, and the sides are switched to OSB formwork to give it a rough yet warm woody look, in an attempt to ease the crampedness of the elevation.In addition, while simply summarizing the interior in white, we aimed to bring depth and expanse to a compact space by using "leaf pattern" accents that lead to the naming concept as well as the exposed concrete finish on some walls and ceilings.



附近有很多大学和职业学校,在一个狭小的用地上,将一户的面积最小化,一共确保了11个住户,假设使用者是单身学生或者商人。

作为设计准则,我们专注于使建筑本身“自然而温和”。 外墙由裸露的混凝土制成,两侧改用定向刨花板模板,赋予其粗糙而温暖的木质外观,试图缓解立面的局促感。此外,在简单地用白色概括内部的同时,我们旨在通过突出使用“叶子图案”来为紧凑的空间带来深度和广度,它和墙壁以及天花板上的裸露混凝土饰面共同体现了这个公寓的命名概念。

D-006

 
Type
不動産開発/賃貸マンション
敷地面積
116.99㎡
延床面積
253.62㎡
構造規模
RC造 4階建
設計期間
2018.01~2018.08
設計監理
楮谷 慎吾&青山 智宙
 
 
Type
Rental apartment
Site area
116.99㎡
Total floor area
253.62㎡
Structural scale
RC 4F
Design period
2018.01~2018.08
Design
Shingo Kamitani&Tomohiro Aoyama
 
  
种类
出租公寓
场地面积
116.99㎡
总建筑面积
253.62㎡
结构尺度
钢筋混凝土结构 4层
设计时期
2018.01~2018.08
设计监理
Shingo Kamitani&Tomohiro Aoyama
 

OTHER WORKS

HOME > WORKS > Leaf.nakaochiai