Agg.一級建築士事務所

Agg.一級建築士事務所

Agg. Architects Office

TEL: 0120-86-5142

注文住宅 SS RESIDENCE

開口部の無い外観がプライバシー性を高め、マッシブなボリュームにアール形状が柔らかさを与える。

The exterior with no openings enhanced privacy, and the curves give softness to the stately impression.

注文住宅 SS RESIDENCE

隣地離隔を有効利用しアプローチを中庭に引き込むことにより、間口が最大化されたガレージ。

The garage maximizes the frontage by pulling the approach into the courtyard.

注文住宅 SS RESIDENCE

中庭と一体となった印象的なアプローチ。コンクリートの壁柱がシークエンスにリズムを齎す。

An impressive approach integrated with the courtyard. The continuous concrete columns bring rhythm.

注文住宅 SS RESIDENCE

陽光が降り注ぐ明るい中庭。2階屋上まで立ち上がった左官壁が、光を柔らかく拡散させる。

A bright courtyard filled with sunlight. The plastered wall diffuses the light softly.

注文住宅 SS RESIDENCE

夜間、ライトアップされることで中心性を増す中庭。吹抜けの壁にシンボルツリーの木陰が落ちる。

At night, the courtyard illuminated that is more centrality. The shade of the symbolic tree falls on the wall.

注文住宅 SS RESIDENCE

3層を貫く階段。極力線が少なく調整されたディテールにより、中庭から差し込む光が際立つ。

It is staircase that runs through three levels. By reducing the number of lines, the light stands out coming from the courtyard.

注文住宅 SS RESIDENCE

素材数を抑え、ほど良い重厚感を持たせたLDK。端的に纏まった動線が利便性を担保する。

The stately room. The flow line getting together ensures convenience.

注文住宅 SS RESIDENCE

斜めに挿入された光庭によって奥行を感じさせるリビング。光庭に溜まった陽光がリビングを優しく包み込む。

Living room with a sense of depth by the diagonally placed garden. Sunlight gently envelops the living room.

注文住宅 SS RESIDENCE

リビングは敢えて床を1段下げ、一体的に開けた空間の中に落ち着きのある溜まり場を創出した。

The living room has been lowered one level to create a calm space.

注文住宅 SS RESIDENCE

見通しの良い寝室。中庭を通して視線が突き抜けることで、空間が伸びやかに広がっていく。

Bedroom with a good visibility. By the line of sight passes through the courtyard, making the space feel more spacious.

0 / 0

SS RESIDENCE

【東京都杉並区 SS邸】

地下鉄駅からほど近くの住宅街に建つ、RC造3層住宅の計画です。

計画地は地下鉄が走る大通りから脇にそれた街区に位置し、前面道路には多くの歩車が行き交う敷地において、オーナー様が要望されたのは、強固なプライバシー性と広い開放感を併せ持つ空間でした。北側に道路を携え他方面を隣家に囲まれた状態の中、一見相反する要素を満たすため、エントランスアプローチと一体の大きな中庭を中心に各諸室を配置する空間構成としました。
広く明るい中庭を通した各室の視線の抜けが、実際の室面積よりも広がりある空間を感じさせます。エントランスを中庭側に設けることで、建物間口全体をビルトインガレージに充てることを可能にしており、また、その上部に立ち上がったRC壁の内側を2階LDKに面した光庭とすることで、周囲の喧騒の遮断と採光・通風の確保を両立させています。 意匠面では、クリーンなコンクリート打ち放し仕上げとグレー調の左官仕上げを軸として仕上材や納まりを極力ソリッドに纏め、伸びやかな空間性がより際立つように意図するとともに、ファサードにおいては、一辺に設けたアール壁がマッシブなボリュームの圧迫感を緩和させることを期待しました。 庭を挟んで向かい合う各室の絶妙な距離感がゆるやかな繋がりを生み、それぞれがプライベートな時間を過ごしながらも庭を通じて一体感を感じる豊かな邸宅となりました。



This is a three-story reinforced concrete house in a residential area close to subway station.

This planned site is in a side street from the main street, with many pedestrians and cars passing by on the front road. Therefore, the owner requested a space that would provide both privacy and a sense of spaciousness.
The building is surrounded by neighboring houses so that each room is arranged around a large courtyard that is integrated with the entrance approach. By placing the entrance on the courtyard side, the entire building frontage could be used as an inner garage.In addition, by using the inside of the wall as a garden taking sunlight that was able to both block out the sounds of the surrounding area and to ensure lighting and ventilation.In terms of the design, the concrete and gray plaster finish is the core. And the finishing materials are seamlessly arranged to accentuate the expansiveness of the space. On the facade, rounded one side wall is to reduce the sense of oppression.

h-019

Type
注文住宅/ガレージハウス
敷地面積
190.44㎡
延床面積
237.81㎡
構造規模
RC造 3階建
設計期間
2020.01~2021.06
設計監理
楮谷 慎吾&青山 智宙
Type
Garage house
Site area
190.44㎡
Total floor area
237.81㎡
Structural scale
RC 3F
Design period
2020.01~2021.06
Design
Shingo Kamitani&Tomohiro Aoyama

OTHER WORKS

HOME > WORKS > SS RESIDENCE