Agg.一級建築士事務所

Agg.一級建築士事務所

Agg. Architects Office

TEL: 0120-86-5142

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

木質の箱が柔らかさと浮遊感をもたらす立体的な外観構成。グランドレベルや各バルコニーにも配置された植物が街並みに彩を与える。

The floating wooden box gives a soft impression. Plants placed on each balcony add color to the town.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

ライトアップにより浮遊感のある木質部分がより強調され、昼間とは趣の違う表情が夜間の街を柔らかく照らす。

The illuminated wooden boxes create the city softly at night with a different look from the daytime.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

周辺建物より大きくセットバックしたボリュームは表通りに窪みをつくり、街並みに与える圧迫感を緩和する。

The significantly set back from the surrounding buildings to create more space on the front street.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

滝の流れる水庭と四季折々の植物が来訪者を迎え入れるエントランスアプローチ

Seasonal plants and a garden with waterfall are welcoming visitors.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

行燈照明や間接光が浅葱色の左官壁を柔らかく照らすエントランス。雁行する視線の抜けが空間に奥行を与える。

Andon and indirect lighting softly illuminate the Asagi-hued plastered walls at the entrance. The flying geese-pattern configuration gives depth to the space.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

主動線より2段レベルを落としたラウンジは、道路からの視線をずらしつつ水面との距離を縮め、落ち着きのある溜まり場を創出した。

The lounge is two steps down from the main level, which shifts the line of sight from the street and shortens the distance from the water surface.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

2F客室(CAMEL):中期滞在での快適性を重視し、広い水廻りや利用状況により障子により仕切が可能な可変性に富んだプラン。

2F guest rooms (CAMEL):The room has a spacious wet area and can be partitioned by a Shoji for the comfort of a mid-term stay.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

2F客室(CARAVERN):天井の木格子や障子が空間にリズムを与えながら、陰影のある表情を生む。

2F guest rooms (CARAVAN):Wooden lattices and Shoji screens give rhythm to the space while creating shadows.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

3F客室(FOUNTAIN):5~6人滞在が可能なゆとりのある客室は小上りの畳室や円形の装飾壁等、日本的な要素の中にオリエンタルな雰囲気が混ざりあう変化に富んだ設えとした。

3F guest rooms (FOUNTAIN):The Room is spacious enough to accommodate 5-6 people. Tatami rooms, decorative walls, and other Japanese elements are mixed with an oriental atmosphere.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

4・5F客室(PALM TREE):旧建物からの調度品や既存建具を再構成し新旧を織り交ぜたラウンジ。吹抜けを貫く螺旋階段が拡散された光を柔らかく落とす。

4th & 5th floor guest rooms (PALM TREE):The lounge is a mixed of old and new, reusing furnishings from the old building. A spiral staircase softly the diffused light.

商業建築 テナントビル ゲストハウス SMITH OASIS

5Fプライベートガーデン:滝の音と共にゆったりとした時間の流れる半中庭形式の庭園。アクアウォールに掛かる片持階段より屋上庭園へと繋がる。

5F Private Garden:A semi-courtyard where time passes leisurely with the sound of a waterfall. A cantilevered staircase on the wall with a waterfall leads to the rooftop garden.

0 / 0

SMITH OASIS

SMITH OASIS【大阪府大阪市】

大阪 東心斎橋エリアに建つゲストハウスプロジェクトです。

かつては鍛冶屋町として栄え、事業主様の先代より鍵・金物を多く取扱う企業の本社ビルを擁していた敷地です。現況、ミナミまで徒歩圏内の好立地に位置しながら大通りより1本入り、繁華街の喧騒から少し離れた場所のため、外国人観光客にも人気の中期滞在施設(民泊)が多く存在するエリアとなっています。
「都会のオアシス」をコンセプトとし、ビル群や店舗街に緑や潤いを与える建物としてお客様をもてなしたいという事業主様の強い要望により、通常であれば容積消化により高層化が可能であった敷地に対して、敢えて道路より大きくセットバックした空地に庭園や水庭を配し、建物規模もRC造5層に抑えたボリュームとしました。 ゲストハウス運営は、事業主様が1人1人丁寧に対応を行えるよう室数を4室に限定し、無理なく維持管理を行えるようにしながらも、各室は約40㎡~140㎡のメゾネット型までゆったりとした客室面積を確保し、それぞれが違うテーマ・プランで多種多様な宿泊モデルに対応可能な構成としています。
外観は表情のある黒い左官を基調としながら、温かみのある木箱が浮かび上がる構成とし、大きく張り出したバルコニーは日射をコントロールすると共に立体感のあるファサードを形成し、各戸の屋外リビングとしてもゆったりと過ごせる広さとしています。先端部分には花壇を設け、街並みに緑豊かな表情を与えました。内観は海外からの宿泊者にも日本の文化・美意識を感じてもらえるよう照度を落とした空間とし、日本古来の伝統色の左官を施しました。行燈・格子・障子等の陰影のある表情が移ろいゆく時間をより鮮明に写すようにしています。旧建物から多くの建材・備品等を取外し、内部の装飾や建具等に転用することで新たな役割を与え、歴史を継承し新たな文化を育む建物となる事を目指しました。



This project is in the Higashi-Shinsaibashi area of Osaka, which once prospered as a blacksmith town.

There was a hardware company on this lot that had been in business since the owner's predecessor. In this area, there are now many medium-term stays (ex. renting private homes) that are popular among foreign tourists.
The client had a strongly request to create an "urban oasis" concept, a building that would provide greenery and enrichment to a shopping district. Although the building was possible to taller, it was intentionally set back significantly from the road, and it scale kept to five stories. The number of rooms is limited to four so that the owner can offer hospitality to each guest. Each room is spacious sized, ranging from approximately 40 to 140 square meters, and each has a wide variety of different themes and plans.
The exterior walls are composed of black plastering, with warm wooden boxes emphasized. We choose plaster in the interior with traditional Japanese colors so that guests from overseas could experience Japanese culture and aesthetics. The shadows of the Andon (Japanese-lanterns), latticework, and Shoji (paper sliding doors) make the changing time more clearly. By reusing many materials from the old building for decoration and fixtures, we aimed to create a building that fosters new culture while inheriting its history.

C-020

Type
Tenant building
Site area
205.40㎡
Total floor area
501.90㎡
Structural scale
RC 5F
Design
Toshinori Yagi

OTHER WORKS

HOME > WORKS > SMITH OASIS